もはやアメブロはSNSだ!

2016-12-04_12h54_29

※写真はGoogleアナリティクス(アクセス解析)の参照元ソーシャル ネットワークより

GoogleはすでにアメブロをSNSという認識!!

確かに、『いいね!』『コメント』『リブログ』とそう考えた方が自然。

っということは、SNSとして使うことを考えた方が良いかもしれない。

SNS化してきたアメブロとFacebookをうまく掛け合わせる

Facebookは基本知っている人、それに対してアメブロは基本知らない人。どちらかと言うと私が集客につながっているのはリアルとFacebookの方が断然多い。

しかし、知らない人からサービスを買ってもらえる流れというのはやっぱり欲しいところ。そんな使い方をうまく補い合えるのがFacebookアメブロだと私は考える。

特徴として、リアルに囲い込めるのがFacebookだけれど、親密度が成長過程の場合、売り込みしにくい点も出てくる。また、Facebookの弱点はリンクを貼ると表示率が下がってしまう。

その点アメブロは回数を重ねると知らない間に親密度が増しはじめ、特に売り込みをしても、相手は知らない人なのであまり抵抗はないし、必要な方達が反応してくれる。

Facebookで売り込みし過ぎると引く人も出てくるし、Facebookは信頼関係を築くものだと考えて使った方が良い。

あなたのサービスに興味を持ってもらうには、まずアメブロでしっかりあなたのやっていることをまとめ、Facebookでは伝えきれない部分をアメブロに補ってもらう。チラシの役割だったり、申込みの流れ、過去の実績やお客様の声などの情報を素早く伝えられるようにしておくことが大事。

Facebookの強み

・タイムリーに強い(投稿した瞬間から2日程度)
・接触回数の多い人に伝わりやすい(Facebook独自のアルゴリズム)
・囲い込みがしやすい(Facebookページ、グループなど)
・相手が誰かがわかる
・相手を選べる
・イベント招待が直接できる

アメブロの強み

・長期で反応が得られる可能性がある
・新規顧客を取り込みやすい
・不特定多数相手にアクションを起こすことができる
・相手に気を使う必要が少ない
・詳細情報が伝えやすい(リンクで誘導しやすい)

などなど

アメブロから新規顧客とつながったら、Facebookで親密度を増していきながら、自然に無理なく必要なタイミングが来た時にあなたのサービスが買ってもらえる。

そんなこんなで、ブログとしてではなく、SNSとしてアメブロを使うこともありだと思います。

宜しければ、Facebookページに『いいね!』をお願いします


20170926 大阪・梅田
自分の魅力を発信しよう!コラボ朝食会

~スターバックスコーヒー 桜橋プラザビル店~

ABOUTこの記事をかいた人

流れ構築プロデューサー岩本あきら

起業家、サロン経営者、人気カウンセラー、セラピスト、飲食店などにブログ、SNSを使ったマーケティング、コンサルティングを行っています。WEBサイトの制作、WEBツールの活用でサポートを行っています。