Win10のPDFをMicrosoft Edge(eマーク)からAdobe Readerにする方法

今回は、PDFファイルのプログラムをAdobe Readerにする方法です。

Windows10にした皆さんは、アップデートしてから、PDFファイルが「eマーク」のものに変わっていることはご存知でしょうか?正直、これが使いにくくて、ブラウザ経由で開くということもあって、何かと不便な部分も多かったんですよね。

っという事で今回はPDFを開くプログラムをAdobe Readerに設定変更していきたいと思います。

PDFファイルを開くプログラムをAdobe Readerにする

現状このように表示されているかと思います。

まずは、右クリック

 

 


続いて、一番下のプロパティをクリック。


プログラム部分の変更をクリック。


Adobe Readerを選び、OKをクリック。


これで、すべてのPDFファイルを開くプログラムがAdobe Readerに変更されました。


まとめ

知らず知らずのうちにブラウザが変わっていたり、今回ご紹介したPDFファイルを開くプログラムが変わっていたりと、使い慣れていないプログラムになると戸惑いますよね?恐らくそのまま知らずに使っている人も多いかと思いますが、お好みでAdobe Readerに変更することも良いのかな?って思います。

まだまだ、Microsoft Edgeは使いにくい部分が多いし、今回私が気付いたのはハイパーリンクが正常に飛ばない現象があったので、今回Adobe Readerにプログラムを変更しました。

追記

Microsoft Edgeのメリットはテキストのコピーが可能。テキストのコピペを行いたい内容のPDFだったら便利です。どちらもメリット、デメリットがあり、目的に合わせて切り替えるのもありかと思います。

宜しければ、Facebookページに『いいね!』をお願いします


20170926 大阪・梅田
自分の魅力を発信しよう!コラボ朝食会

~スターバックスコーヒー 桜橋プラザビル店~

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

流れ構築プロデューサー岩本あきら

起業家、サロン経営者、人気カウンセラー、セラピスト、飲食店などにブログ、SNSを使ったマーケティング、コンサルティングを行っています。WEBサイトの制作、WEBツールの活用でサポートを行っています。