Panasonic LUMIX G8の動画性能をPENTAX K50とで比較してみました!

昨年、PENTAX K50で撮った2016 SUPER GT 鈴鹿1000km ダンロップコーナーでの映像と、今年LUMIX G8で撮った2017 SUPER GT 鈴鹿1000km FINALの映像となります。

早速比較動画をご覧ください


大きな違いとしては、K50の映像では、マシンのスピードに付いて行けず、マシンの速度が急激に上がったところで残像が残るような映像の乱れがあります。

G8の映像では、全くその映像の乱れはなく観たままの映像が撮れています。

シャッタースピードの影響もあるかもしれませんが、スマホで撮った場合にも同様の乱れが起きました。

動画の設定は特に変更せず、初期設定ままで撮っています。

 

G8は更に4Kでも撮ることが出来るので、更に綺麗な映像も撮ることができます。

4Kが撮れる

正直、YouTubeにアップするくらいだったら、4Kで撮ることはないです。またSDカードも4K対応のものを買わないといけないので、なかなか4K対応のカメラを買っても、4Kで撮る人は少ないのかな?って思います。

ただ、先々の事を考えると、あるに越したことはない機能なのかな?って思います。

なぜPanasonic?

Panasonic LUMIX G8導入で動画収録を強化」の記事にも書きましたが、Panasonicは、動画記録30分制限がないのと、熱による強制終了もほぼ起きないので、お客様の動画を撮るにあたっては必須の機能だったので選びました。

最終的にはコスパ

上位機種であるGH5は高い。4K撮れて、防塵防滴であり、最新の手ぶれ補正、動画性能に優れている一眼としては、G8は最適!!ユーチューバーさんたちもこれを選ぶわけですね!!

 

以上、私なりに趣味を交えてのレビューでした。