Facebookメッセンジャーの利用制限について考える

Facebookのメッセンジャーに利用制限があるのをご存知ですか?

私の周りにも利用制限にあっている人がいるのですが、なぜ利用制限があるのか?

普通に使っている分には問題ない

利用制限にあっている人というのは、Facebookの目的に反する使い方をしているからでしょう。ビジネスで使っている方も多いかと思いますが、友達とのコミュニケーションツールであるSNSなので、不特定多数の人に何か営業のメッセージを送ったりしていると制限かけられても仕方がないかと思います。

ヘルプセンターに書かれている事

Messengerには、利用者が受け取りたくない可能性のあるメッセージの送信を止めるために、メッセージ送信の上限が設けられています。一定期間内のメッセージの送信回数が多すぎるとの警告を受けた場合、メッセージの送信機能が停止されないようにするには、多すぎるメッセージの送信をやめる必要があります。

メッセージの送信機能が停止されないようにするには:

  • 日常生活で使用している名前を使って、メッセージを送る利用者があなたを認識できるようにしてください。
  • 知り合い以外にはメッセージや友達リクエストを送らないでください。弊社のポリシーについて詳しくは、Facebookコミュニティ規定をご覧ください。

こんな人は嫌だ!

まだ関係性も深まっていないうちから(信頼関係)いきなり売り込みのメッセージを送る人。一度会ったかどうか?記憶もよくわからない状態の相手になぜそんなメッセージを送るのか?

簡単に言うと

  • 自分の事しか考えていない
  • ただ稼ぎたいだけ

まあ、そんな人は相手にしません。返事を送る気にもなりません。悪質な人は友達を解除する場合もあります。

筋を通して欲しい

物事には手順っていうものがあります。特にメッセンジャーの役割は売り込むためのものではありません。もし、売り込みしたいのであれば、OKな場所なり、メルマガやLINE@など、登録してくれた時点でOKっとなっているものを使ったら良いかと思います。

別に売り込むな!って言っているのではありません。やり方の問題なだけです。

私は、相手の気持ちを重視し、考えて使うようにしています。

とにかく信頼関係

信頼関係って、すぐに築けるものではありません。ここはコツコツ普段からの姿を知ってもらいながら築くものです。逆に信頼関係が崩れるのは一瞬です。

そんな間違った使い方をしてしまうと取り返しがつかなくなるのでやめましょう。

私は、コツコツやるのが好きだし、色々な流れの循環を意識しています。

 

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

伝説プロデューサー岩本あきら

起業家、サロン経営者、人気カウンセラー、セラピスト、飲食店などにブログ、SNSを使ったマーケティング、コンサルティングを行っています。WEBサイトの制作、WEBツールの活用でサポートを行っています。