Twitter(ツイッター)のハッシュタグ一覧をブログに埋め込む方法

今回は大規模なイベントを主催されている方からのご相談からTwitter(ツイッター)のハッシュタグ一覧の作り方、貼り付け方、及び活用方法についてお話したいと思います。

まずは、ハッシュタグって何?

“#〇〇”っといった形で#(シャープ)の後にキーワードを入れたもの。これをする事によって、そのキーワードで検索ができるようになる機能です。多くはハッシュタグの設定した太字のタグをクリック(タップ)することによって、そのキーワードの投稿一覧が見れるようになり、様々な用途で使われるようになってきています。

今回の相談で、イベント時に参加者の方にお願いをして、そのイベントに参加していることをリアルタイムで投稿してもらったり、ハッシュタグを入れることによって、そのイベントの情報が一覧でどんどん出てくるようにしたいっということで、今回その方法をお伝えしていきます。

準備

まずは、どんなキーワードで一覧を作りかを考える必要があります。一般的なキーワードにしてしまうと違う投稿が出てきたりしてしまうので、ある程度オリジナルなキーワードで投稿の呼びかけをすると良いでしょう!

一度、他で使われていないキーワードかどうか検索をかけてみましょう!

貼付コードの取得

①ツイッターにログイン

②検索窓で『#(決めたキーワード)』を入れる

③検索結果が表示される

一致されるものがなければ表示されませんし、一致したものがあれば出てきます。

ここでは一致するものがない方が良いかと思います

④赤枠の[ その他 ]をクリックし、
この検索をサイトに埋め込むをクリック!

⑤検索ウィジェットを作成する画面から、基本デフォルトの設定で良いかと思いますが、高さなどの設定をしたい方は、ここで設定を行ってください。

最後にウィジェットを作成をクリック。

貼付コードが出てくるので、これをコピーして、サイト(ブログ)に貼り付ければOKです!

まとめ

これで、ツイッターのハッシュタグ一覧が出来上がったので、実際のイベント時に、プロジェクターなどに映し出して、参加者の方が指定したハッシュタグを入れた状態でツイートしたら、リアルタイムにどんどんアップされる仕組みが完成します!!

これはやってみるととても面白いと思いますし、簡単な感想などももらえると、よりリアルなものが見れるようになるので、話題も広がるかと思います☆

 

宜しければ、Facebookページに『いいね!』をお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

流れ構築プロデューサー岩本あきら

起業家、サロン経営者、人気カウンセラー、セラピスト、飲食店などにブログ、SNSを使ったマーケティング、コンサルティングを行っています。WEBサイトの制作、WEBツールの活用でサポートを行っています。