作成用パワポが無料でダウンロードできる!!

ファビコンって何?って方も多いと思いますが

2016-11-28_09h34_34

ウエブサイトのサイトタイトルの左に出てくるアイコンのことです。

favicon(ファビコン)は、ウェブサイトのシンボルマーク・イメージとして、ウェブサイト運営者がウェブサイトやウェブページに配置するアイコンの俗称である。favorite icon(フェイバリット・アイコン:お気に入りアイコン)という英語の語句を縮約したものである。

ウイキペディアより引用

でも、この設定の前に画像を作る必要があるんですよね。

では何で作ったら良いのでしょう?
illustratorとか、Photoshopは使えないし。。。

そんな方におすすめなのがPowerPoint(パワーポイント)!!

えっパワポで?

そう!スライドやプレゼンで使うMicrosoft OfficeのPowerPoint(パワーポイント)です。

パワポでファビコン(アイコン、ロゴ)を作ってみよう!

まず、パワポを開き、デザインスライドのサイズからユーザー設定のスライドサイズをクリック。

2016-11-28_10h19_56

スライドのサイズ指定のプルダウンでユーザー設定を選ぶ。

高さ13.538cmにする。(センチ表示がちょっとややこしい)

っでOKをクリック。

これで、正方形(512px)のパワポができます。

512pxにする理由としては
サイトアイコンはサイトのアプリとブラウザーのアイコンとして使用するために、アイコンは正方形で、幅・高さともに 512 ピクセル以上である必要があるとされているからです。
サイズについては、WordPressのテーマやブログによっても違う可能性があります。
基本大は小を兼ねるっということで、512px以上の画像を指定してくるものは少ないと思います。

あとは、お好きなようにパワポの枠内でデザイン、編集をしてください。

アイコンのデザイン、編集が終わったら保存するのですが、この時に画像として保存する必要があるので次のやり方で保存してください。

保存方法

[ファイル]⇒[名前を付けて保存]⇒ 保存先を指定する ⇒

ファイルの種類を 『PNGポータブル ネットワーク グラフィック形式』にし、
ファイル名を入力し、保存する。


これで、画像を作ることができました!

 

続いて、

設定ですが、これは先ほども注意書きにも書かせていただきましたが、WordPressのテーマやブログによっても違うと思います。

一般的には

サイトアイコン用で512px以上

ファビコン用:32px

IEファビコン用:16px

アップルタッチアイコン用:144px

かと思います。

各設定するサイズの変換はWindowsパソコンだったらペイントでサイズ変換が行えますし、WEB上でもいくつか変換サービスがあるので、そちらを利用してみてください。

サイト:画像を縮小する!

など

PNGファイルでは設定できない場合があります。ファイル形式が(.ico)の場合はこちらのサイトから各種サイズの変換ができます。サイズは大きくても、指定サイズに変換してくれます。

ファビコン favicon.icoを作ろう!


これで、ファビコンの設定が行えるかと思います。

 

アメブロのファビコン設定

まず、大前提としてサーバーに作成した(.ico)ファイルを保存しておく必要があります。

アメブロのフリースペース編集にこちらのコードのhttp://.icoの部分にサーバーに保存したURLを入れ保存すると

<link rel="shortcut icon" href="http://.ico">

 

こんな感じで表示されるようになります。

2016-11-28_11h29_12

良かったら私のアメブロもご覧ください。

 

まとめ

ファビコン、アイコン、そして今回の内容ではロゴもパワポで作れちゃうので、まずは実践してみてください。このパワポの使い方を知れば、自分で色んな画像を作る事もできます。

チラシ制作からホームページ、Facebookページ、リザストを徹底管理

こちらの記事のような事もできますし、パワポの使い方が変わることでしょう!

 

 

宜しければ、Facebookページに『いいね!』をお願いします

ABOUTこの記事をかいた人

流れ構築プロデューサー岩本あきら

起業家、サロン経営者、人気カウンセラー、セラピスト、飲食店などにブログ、SNSを使ったマーケティング、コンサルティングを行っています。WEBサイトの制作、WEBツールの活用でサポートを行っています。