WordPressの投稿記事を複数で管理をしたい

こんなご相談をいただきまして

ある協会様より「講座日程管理を複数のメンバーで行いたいけど、良い方法はないですか?」っという相談。

そんな時は、WordPressのユーザーを追加して、権限を「投稿者」にすると可能になります!

WordPressの「権限」について

まず、WordPressの権限の種類は以下のようになります。

  • 管理者:WordPress の全ての操作が可能。
  • 編集者:コメントやリンクの管理などコンテンツに関する全ての操作が可能。
  • 投稿者:記事の投稿や編集、公開が可能。
  • 寄稿者:記事の下書きと編集のみ可能。
  • 購読者:閲覧のみ可能。会員制サイトを作りたい時などに使う可能性がある。

今回の場合は「投稿者」で設定したらOKなのですが、まず「管理者」と何が違うかと注意しておきたい点をお話します。

管理者と投稿者の違い

「管理者」は当然WordPressのすべての機能が使えます。

「投稿者」は投稿に特化した権限なので、以下の機能は使えなくなります。

  • テーマの変更や編集
  • プラグインの設定
  • ユーザーの追加や編集
  • 各種設定の編集
  • コメントの承認
  • カテゴリーの管理
  • リンクの管理
  • 既存の記事の編集
  • 固定ページの編集

 

「投稿者」のダッシュボードはこんな感じになります。

超シンプルですよねぇ~

使える機能は

  • メディアライブラリの管理
  • 新規記事の投稿
  • 新規記事の作成や編集
  • 閲覧

っとなります。

注意しておきたい点

注意しておきたい点は、管理者の投稿は編集できないってこと!

まぁ~当然と言えば当然。

管理者が投稿した記事の場合は「+新規」しか出てきません。

 

「投稿者」の投稿記事ですと、

「投稿の編集」が出来るようになっています。

 

っということなので、1つの記事を複数で管理する場合は、まず「投稿者」が記事を書く必要があります。

その点を理解して使われると良いかと思います。

まとめ

今回はWordPressの「権限」について解説してきました。今回の場合は「投稿者」の機能を見ていきましたが、目的に合わせた使い方で権限の設定を行っていくと良いかと思います。また、こんな形で子育てママさんに投稿記事の代行をお願いする場合もユーザー登録から「投稿者」権限を与え、作業してもらうと良いでしょう!

他の機能は使えないので、安心して任せることができるようになります。

宜しければ、Facebookページに『いいね!』をお願いします


2017829 大阪・梅田
自分の魅力を発信しよう!コラボ朝食会

~タリーズ 梅田スクエアビルディング店~

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

流れ構築プロデューサー岩本あきら

起業家、サロン経営者、人気カウンセラー、セラピスト、飲食店などにブログ、SNSを使ったマーケティング、コンサルティングを行っています。WEBサイトの制作、WEBツールの活用でサポートを行っています。