今回はレンタルサーバーの有名どころ、エックスサーバー、さくらインターネット、ロリポップの比較をご紹介したいと思います。

多くのブロガー、個人サイトを運営している人はエックスサーバーが良いって言っている人が多いけど、実際のところどうなんだろう?でも、結局は目的なんだと私は思います。

複数サイトを運営したいのか?大規模なサイトを作るのか?それによっても変わってくるかと思います。今回は最近話題のSSL化を意識したサーバーの比較を見ていきたいと思います。

ちなみに私は、3つのサイトを運営していますが、最初にすすめられたさくらインターネットのサーバーを使っています。

私の視点で見たサーバー比較

※ドメイン費用は【.com】で算出

今回は、SSL化を重視(意識)した比較なので、各社代表的なプランで見てみました。

表を見ていただくとおわかりの通り、SSLが無料で使えるエックスサーバーが光ります!私の周りでもSSL化のためにエックスサーバーに乗り換える人も多くいました。


価格重視でよく取り上げられるロリポップは、SSL化にする為の費用が異常!!現状SSL化を考えるとエックスサーバー、さくらインターネットが一歩リードしているようです。

全体的な価格と性能で見るとさくらインターネットもおすすめです!但し、SSL化で注意する点がいくつかあります。さくらインターネットはSSL化の設定が出来たとしても、WordPressの表示が崩れる可能性があります。

その対処さえしっかりすれば、さくらインターネットの価格と性能的には問題ないかと思います。

>>https化、SSL設定でレイアウト崩れた時の対処方法(さくらインターネット常時SSL化)

その他注目ポイント

エックスサーバーはマルチドメインが無制限に対して、さくらインターネットは20個。これはサイトの数を意味しています。正直、20サイト以上作る方は少ないかと思いますので、十分さくらインターネットでOKかと思います。

逆に転送量で言うとさくらインターネットの方が上をいっています。これは、アクセスが集中した際の対応能力です。だいたい500PV~1000PVが1GBと言われていて、40,000PV~80,000PVを超えるアクセスがあった場合、一時的にダウンする可能性があるという事になります。

ここまで人気サイトになったら、上位プランに変更することをおすすめします。

最初のうちは特に気にする部分ではないかと思います。

まとめ

最終的には、使いやすくてSSL化をしたい方はエックスサーバーを選ぶと良いかと思います。自分で設定(対処)できそうな方はさくらインターネットで十分かと思います。

>>エックスサーバーのサーバーとドメイン契約手順
>>さくらインターネットの申込みの流れ

>>さくらインターネットのドメイン設定

宜しければ、Facebookページに『いいね!』をお願いします

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

流れ構築プロデューサー岩本あきら

起業家、サロン経営者、人気カウンセラー、セラピスト、飲食店などにブログ、SNSを使ったマーケティング、コンサルティングを行っています。WEBサイトの制作、WEBツールの活用でサポートを行っています。