エックスサーバーのWordPress常時SSL化手順

今回は、エックスサーバーの独自無料SSL化の手順をご紹介したいと思います。

サーバーパネルの設定

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルより、SSL設定をクリック。


続いて、独自SSL設定の追加をクリック。


SSL化するサイトアドレスを選び、CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力するに☑チェック。

CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力するのチェックはどちらでも良いようです

独自SSL設定を追加する(確定)をクリック。

WordPressの設定

ダッシュボード⇒設定⇒一般をクリック。


WordPressアドレス(URL)サイトアドレス(URL)httpsに変更し、変更を保存をクリックする。

.htaccess編集

今度は、もう一度サーバーパネルに戻り、ホームページの.htaccess編集をクリック。


画面がこちらの場合はサイドバーのホームページの.htaccess編集からでもOKです。

 

続いて、.htaccess編集に切り替え、下記のコードを先頭に追記する

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

最後に、.htaccessを編集する(確認)を押し、全ての作業が終了となります。

 

.htaccess編集が良く分からない、また過去の記事の画像のURLがhttpのままで正常にSSL化にならない場合は、こちらの

Really Simple SSL というプラグインを導入し、有効化するだけで

  • 一般設定の URL を https に変更
  • .htaccess にリダイレクト処理を追記
  • 自ドメインは JavaScript で書き換え

を行ってくれます!!

 まとめ

各サーバー会社によってSSL化の設定が異なります。今回はエックスサーバーでの例を紹介しました。プラグインを使う場合は.htaccess編集の設定は不要です。また、さくらインターネットの設定方法はこちらになります。

お疲れ様でした。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

伝説プロデューサー岩本あきら

起業家、サロン経営者、人気カウンセラー、セラピスト、飲食店などにブログ、SNSを使ったマーケティング、コンサルティングを行っています。WEBサイトの制作、WEBツールの活用でサポートを行っています。