なぜ?今さら、MacBook Airを買ったのか?

Macユーザーの方には馬鹿にされるかもしれませんが、昨日(2017/5/19)にMacBook Airを買いました。私の仕事柄、Windowsパソコンは欠かせないものだったので、これまでずっとWindowsパソコンでした。あっ今もですが。。。

これまでMacを買わなかった理由

仕事上、Microsoftのオフィスが必須でした。また、Macの方とのやり取りでWord、ExcelなどMacのパソコンからデータを送ってもらうと文字化けする現象に毎回悩まされていました。そういったちょっとした不都合で避けていた部分もありました。

あとは、操作性がWindowsとは違う点とお客様の比率的にも圧倒的にWindowsが多かったことから選ぶ事が出来ませんでした。

正直、Surfaceを買う時にめちゃくちゃ悩みました。3回くらい家電量販店に行っては買わずに帰っていました(笑)

なぜ、今になってMacBook Airを買ったのか?

  • お客様がMacの方がいるから
  • 講座に参加いただけるお客様がMacだった場合に対応できないから
  • Mac初心者だから
  • 外出用のパソコンとして使うのでMacBook Proまでの機能は必要なかったから
  • バッテリーの稼働時間が長いから
  • MacBookよりもキーボードが打ちやすかったから
  • 高校、大学とMacを推奨している学校も多いから
  • コスパが凄い!

個人的感想も含めてですがざっとそんな感じです。

最新のMacBookは薄くて、軽くて、美しいRetinaディスプレイで、カラーバリエーションも豊富で良いのですが、CPUがCore mプロセッサであることと、キーボードの打ちにくさ(タイピング感がない、ストロークが少ない)部分で私の候補から外れました。

Proは当然スペックが上で良かったのですが、そこまでの機能を使わないのと、重さ、バッテリーの稼働時間で考えた時にデザインは多少古さを感じますがAirを選ぶ事にしました。

一緒に購入したもの

私の必須はOfficeだったので、Microsoft Office Home & Student 2016 for Macと講座やセミナーでプロジェクターを使いうのでMini DisplayPort to VGA Adapterを買いました。

ここで衝撃の事実が!!

帰って、VGA Adapterを見てみると、「あれ?何だか見覚えある指し口だな」っと思ったら、なんとSurfaceと同じ仕様だったって事。てっきりMacはMac専用のものかと思っていたから、メーカーは違うけど、同じVGA Adapterが3つになってしまった(笑)

ひとつはSurfaceを購入した時に買ったものと、講座の時にVGA Adapterを忘れてしまい、困って買いに行ったもの。っで今回Mac用に買ったもの。。。

あちゃ~。やってしまいました(^-^;

セットアップ

セットアップは超簡単でした。電源を入れ読み進めていくだけ。私はiPadを持っていたので、アカウントを持っていたのでスムーズでした。iPhoneを愛用している方なら、既にアカウントを持っているかと思うので、セットアップは楽だと思います。

また、iPadとの連携もでき、写真や動画、資料などMacBook Airでも見れるようになりました。

あと、私の場合はOfficeを入れたので、こちらもMicrosoftのアカウントを持っていたので、スムーズにインストールが行えました。

私が使いやすくするための設定

私がどうしても設定しておきたかったのが、タップでクリックです。

Windowsパソコンの場合はこれが一般的な感じもあるので、Macでカチカチクリックするのが壊れそうで(神経質かっ!)ちょっとそのアクションが面倒で、タップでクリックの設定を行いました。

設定方法は、システム環境設定>トラックパッド>ポイントとクリックの「タップでクリック」にチェックを入れたらOKです。

あと、私はよくスクリーンショットを使うので、[command]+[Shift]+[4]で範囲を指定して撮ることができました!

Siri先生が教えてくれます☆

まとめ

ざっと、Mac初心者の私の感想です。パソコンを使ってのお仕事をしていますから、使い始めての感想は「Windowsパソコンよりも簡単なのでは?」って思いました。直感的な使い方な感じなので、覚えてしまえば、使いやすいんじゃないかな?っという印象です。

まずは、1日目の報告でした。

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

伝説プロデューサー岩本あきら

起業家、サロン経営者、人気カウンセラー、セラピスト、飲食店などにブログ、SNSを使ったマーケティング、コンサルティングを行っています。WEBサイトの制作、WEBツールの活用でサポートを行っています。